データファイルを送る手段|pcの復旧はプロに任せて|選び方が明暗を分ける

pcの復旧はプロに任せて|選び方が明暗を分ける

データファイルを送る手段

ファイル

データファイルの扱い

コンピューターを使っているとさまざまな情報がデータファイルとして蓄積されていきます。データファイルは簡単にコピーすることができるため、他のコンピューター内に送ることも可能です。一般的にデータファイルのやりとりは記録媒体を通して行うほか、ネットワークを経由して送ることも可能です。記録媒体にデータファイルを保存して送るには手間が掛かるため頻繁にやりとりする場合においては、ネットワークを使ったファイル転送を利用するのが早くて確実です。データファイル転送を行うためには、互いのコンピューターを接続する環境が必要ですが、独自に設定した場合にはセキュリティ面で不安が残ります。このため業務で行うには有料サービスのファイル転送サービスを利用するのが無難です。

転送サービスを利用する

データファイル転送サービスを利用するメリットは、さまざまな設定を業者が行ってくれるという点であり、送信する側も受信する側も安心してデータのやりとりができるということです。また電子メールなどにデータを添付してファイル転送する方法は、暗号化されていなかったり容量に制限があるなど、制約を受けますがデータファイル転送であれば、暗号化して転送されるので安心ですし、容量の制限も大幅に大きいので電子メールで送れないような大きなファイルも転送することができます。またビジネス向けには誤送信を避けるために確認ステップやダウンロード用のパスワードを設定するもの、また上長の承認機能などが用意されているものもあります。

このエントリーをはてなブックマークに追加